スキーと私

こんにちは、みなさんはスキーそれともスノボーどちらですか。冬の代表的なスポーツにスキー、スノボーがあります。私はどちらも経験したことがあります。

みなさんはどうでしょうか?どちらも楽しさや特徴があると思いますが、スキーのほうが楽しいように感じます。

日本初のスキーは1902年に起きた青森の八甲田山雪中行軍遭難事件がきっかけとなって、軍隊が雪上の交通手段としてスキーの研究と導入したのが始まりだそうです。

私が初めてスキーをやったのは、中学校の授業で近県のスキー場が初めての経験でした。スキーなどしたことのない私は、スキー靴をスキー板に固定したとき、これは無理でしょうと思いました。練習するたびに転び転ばないようにと、ストックで踏ん張りました。ボーゲンという初心者の型で練習を積み体重移動で左右のターンを覚えることで、一日で何とか滑れるようになりました。次の日、腕が筋肉痛でした。なんで腕が筋肉痛になったかというと、倒れないようにストックで抑えていたからです。

映画『私をスキーに連れてって』が公開され、大ヒットになりました。『凍っているね』の言葉は大流行したのを今でも覚えています。あれから十数年たち子供とスキー場へ行きました。お父さん滑れるの?と子供に言われましたが、実際に滑ると感覚で覚えているみたで楽しく滑ることができ、子供にも尊敬されました。また、スキーに行きたいです。今度は、車を購入してから行きたい、やっぱり4WDがいいよな。
Goo買取良いところ

 

キャンプ

夏になると毎年のようにキャンプをやるようになったのは、今から何年前だろうか?子供まもなくのことだったと思う。それは妻がキャンプでも行こうかという一言からでした。雑誌でオートキャンプ場を探して最初だから近場のキャンプ場にしようとそこに決めた。そのキャンプ場は私の実家のすぐそばであった。そのキャンプ場はなかなか予約が取れない人気のキャンプ場であったのだ。こんなに近くに住んでいたのにその存在は知っていたが、そんなに人気とは思っていなかった。キャンプの前日に寝袋をふたつ買った。秋だったので寒いかもしれないから買ったのといずれ使うからと買ったのだ。そしてキャンプ当日、車に乗り込みキャンプ場へと言ってもキャンプ道具はキャンプ場で借りることにしていた。だから手ぶら同然であった。そして、キャンプ場に着くと受付を済ませると、キャップ道具一式をレンタルした。結構高かったように覚えている。そして、キャンプ道具を台車で運んだ。妻は車でキャンプサイトへと向かた。そして、キャンプ道具の台車でキャンプサイトへ到着した。15:30分を回っていた。受付で初めてなのでとスタッフに伝えっておいたので、すぐにスタッフがサポートに来てくれた。先ずはテントを張る、スタッフの指導で速やかに張ることができた。次にタープなどを設営して、テーブルやイス、ランタンなどを設置して完了した。さすがにスタッフがいたおかげで早く設営することができた。そして、BBQや食事をして楽しく過ごすことができた。その後、疲れてあっというまに寝てしまった。また、キャンプに行きたいと思う。キャンプ道具を一杯詰める車に乗りたいと思っている。
ガリバー 決済