転職活動のカギは、自分を知ること

田舎から上京し大学を卒業した後に、新入社員で入社してから、14年間ほど、ずっと同じ会社で正社員として働いていました。仕事をしていれば、悩みやストレスは付き物です。長く働く年月の間には、このままこの会社で働き続ける人生で良いのか、転職しようか・・と、何回も考えたことがありました。それでも、一つの会社である程度長く勤めて、社会人としての一般常識や、仕事を通してキャリアを身に付けた方が良い、という自分の信念をもとに、忍耐強く働き続けました。一日一日を大切に過ごすことによって、私たちは、人生を歩いています。日々を積み重ねた過去が、自分の歩いてきた道となり、人生の一部になっているのです。そう考えて、過去を振り返ってみた時に、自分が歩いてきた道が、自分の希望していた道ではなかったことに気が付きました。明らかに人生の方向転換が必要でした。「どこに住みたいか、どこで人生を過ごしたいか」ということも、大切な人生の選択の一つです。都会で定年まで過ごすよりも、田舎で人生を歩きたいと思っている気持ちに気付き、Uターンするために、会社を辞めることにしました。決心がついてからの自分の行動は早かったです。転職活動で大切なことは、自分をよく研究することです。自分のことは自分で分かってると思いますが、いざ転職しようと思った時に、自分が何をしたいのか、どんな仕事に興味があるのか、何か得意で自分の長所を役立てるにはどんな仕事が1番合っているのか、人生において1番優先すべきことは何か(仕事か仕事以外のことか)など、改めて考えることになります。自分自身を良く知ったうえで、次の転職先を選んだ方が、より自分の理想の将来に繋がると思います。そして、転職用の履歴書を作る時に必要なのが、自分の歩いてきた過去の研究です。今までしてきた仕事について、振り返ることです。どんなキャリアを積んできたか、前職でどんなことを身に付けたかです。転職活動で大変だったのは、こうした自分自身の研究をすることでした。しっかり自分の研究ができていると、求人を見て、転職先を選ぶことが楽になります。採用の面接も大変ですが、自分のキャリアや今後の仕事について、考えや希望がはっきり整理されていれば、どんなことを聞かれても、言葉に詰まることなく答えることが出来ます。就職転職活動で大切なことは、自分を知ることだと思います。

介護 転職

転職して

私は大学病院の産科で3年間働いた後、自宅近くの産科クリニックに転職しました。大学病院の仕事以外の仕事(プライマリーとしての仕事や委員会・係の仕事やプライマリーの患者さん対応など)と医療安全・感染対策の集会出席が大変で、クリニックへの転職を決めました。クリニックに転職すると、確かに委員会や係、プライマリーもないので、仕事以外の仕事は少なくなったように感じますが、仕事の内容は休憩時間が取れないほど、毎日走りながら働いています。スタッフの人数も少ないので、早く独り立ちしなくてはいけないので、焦りもあります。毎回毎回先輩に聞くこともできない不安もあります。残業は、残業代を出さない病院の方針で、なんとしても時間内に終わるようにと教えられています。できる人ができることをという働くスタンスはとても良いと思いますが、大学病院のように呼んだらすぐDrが来てくれるという体制はないので、夜中でもDrがなかなか起きてくれなかったり、一人で対処しなくてはいけないことも多々あるので、緊張しながら仕事をしています。人間関係は、人数が少ない分コミュニケーションも多いですし、大学病院にいた怖い先輩風の方はいないので、先輩には基本的に声をかけやすいです。就職活動をする際には、ぜひインターンシップや看護体験など、1日潜入捜査を行ってみてください。病棟の雰囲気や師長さん主任さんの人柄や実績、Drとの関係性や病棟での業務内容など調べたいことは沢山あがりますが、ぜひ1日働いてみて決めてください。私は就職活動で大変だったことは特にありませんが、やはり面接は緊張しました。自分のアピールポイントを見つけ、特技や長所をぜひアピールしてください。病院・クリニックの他にも、電話相談や・訪問・パソコンなどのデスクワーク・協会などの仕事など様々な仕事があるので、仕事内容をよく確認して自分にあった仕事が見つかるといいですね。一度転職したら、また転職となるとやはり大変なので、良い転職先が見つかることを祈っています。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

フランスの大統領は若人です!日本で若い感覚の変革は不可能なのでしょうか?

“野党がしつこく与党のあら捜しをし、またそれに与党が対応する形で刻々と時間が過ぎる・・・
どんな内容であろうと、全部お金が発生しているんですよね。
それがもはや日本の国会では「当たり前」の姿になっているようです。
これが国会議員達の年齢のせいとは言えません。
でも、大体「こんな感じ」という古い臭いイメージがぬぐえないのは年齢もあるのではないでしょうか?
日本は各政党の中から代表者を出して、・・・・気づけば首相が決まっています。
国民が投票する、国民から選出される、という意識からは程遠いのです。
勿論、フランスだって、アメリカだって、「いざ投票!」と国民が一斉に投票して一気に決まるものではありません。
順序と段階がありますよね。
でもでも、なんか・・・薄暗くよくわからない中で審議内容も決められていて、
いざ彼らが働く場所としての「国会中継」を見てみると
なんともしょうもないヤジやら言い訳のオンパレード。しかも、遅い(時間がかかりすぎている)。
その度ごとに背景は色々あれど、もはや、文化になっているのでは?
某学園問題、某国ミサイル問題、防衛問題、教育制度問題、被災地復興問題、・・・一体どれがどれだけ重要で必要なんでしょうか?
ここは思い切って、せめて国会審議の内容に関しては、”国民投票”で選択するというのはどうでしょうか?
いわゆる、企業でいうところのリストラです。必要な事業に必要なだけ時間(つまりお金)を使いましょう。
そうすれば、話し合われる内容に対しても国民が厳しい目を持つことにより精査されること間違いなし!と、考えます。”
モグワン 涙やけ 毛の艶対策