私が転職を考えたとき

転職を考える時というのは人によって様々だと思います。

職場の環境、人間関係、家族、給与…。

辞めようと思うことはあってもいざ転職となるとなかなか行動に移さず時間が経つと落ち着くなどして、転職活動を行動に移すというのはかなり考えてのことだと思います。

私は4月から職場を変えます。

理由は様々ですが、自分自身がステップアップ、専門性を追求したいという気持ちが以前から全くなかったわけではないものの行動に移すに至りませんでした。

ここ1、2年で新人として入職してきたスタッフと関わるうちにもう一度自分自身が勉強する立場で学びたいという気持ちになり、その分野では有名は某病院の求人をみつけ関東圏内では有数なそこで学ぶことは私の今後の看護師人生にプラスになると確信しています。

また、そこで働くスタッフは言ってしまえば私と同じように学びたいという気持ちを持って働いているでしょうし、決してお金を稼ぐためだけの人たちでないと思っています。

看護師の仕事は24時間という1日のなかで最も患者と接する仕事です。

よりよい看護を行うために転職を決意しました。

そして、お互いに切磋琢磨できる相手がいることで相互に刺激しあえ看護に厚みと深みが持てるとも思っています。

今回の判断が5年先、10年先に振り返った時に看護師人生でターニングポイントだったと、判断は間違いでなかったんだと振り返られたらと思ってます。

いつまでも学ぶ気持ちを忘れずに常に考えられる看護師に私はなりたい。

マイナビ 就活 Meets Company 大学生 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です