視野のせまい自分の世界を破ってもっと広く楽しく

私は映画や本、漫画をみたり、音楽を聴いたりすることを趣味としています。

これは以前からも趣味としており、当然自分の好きな物を選んでいました。しかし最近では友達におすすめをきいたり、インターネットで調べてたまたま見つけた物だったり、あるいは同じ作者、役者などが関わったりした別の作品をよく探す様になりました。

きっかけは偶然で、たまたま友達に誘われて何となく見た映画が、予想とは全く違い面白かったからです。

その当時の私はそのジャンルがはっきり言って苦手で、私1人だったら絶対に選ばない作品でしょう。しかしいざ挑戦してみると案外良い作品で、今までの苦手意識が嘘のようでした。

それでふと今家にある物を見ると、みごとに同じジャンル、同じような作品ばかりで、私は知らず知らずの内に食わず嫌いをしていたのだと少し驚きました。

こういう物は趣味の範囲ですし自分の好きな物をたくさん見つけるのが楽しいものです。

自分の苦手な物を嫌々経験すべきだ、とは全く思いません。でも、もしもまだ知らないステキな作品があるとしたら、しかもそれをただ見過ごしていただけだとしたら、少しだけ勇気を出してチャレンジしてみるのもいいかなと私は思います。

アンサージュ 楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です