転職の理由は、必ずしも前向きなものでなくても良い

長年、同じ職場で働いている人でも、仕事を変わりたいと思った瞬間は少なからずあるかと思います。会社員が転職を考える理由は、大別すると以下の3つの不満を抱えているときです。
①仕事に適性がないといった仕事内容への不満。
②給料が安い、休みが少ないといった待遇面への不満。
③パワハラやセクハラなど職場環境や人間関係への不満。

自分を高めるための転職ならいざ知らず、こんな不満ぐらいで転職を考えるなんて自分は社会人として失格ではないか、どこの会社に入ってもうまくいかないのではないか。真面目な人ほど、そんなふうに思ってしまうかもしれませんね。
確かに、まったく不満のない職場などあり得ませんから、「部長の嫌味を聞くのもお給料のうち」と割り切ることも大切です。でも、不満がひとつなら我慢もできますが、先に挙げた3つの不満が同時に起こったとしたらどうでしょう?

もし、あなたが仕事を変わりたいと思ったとき、できるだけ客観的かつ冷静に理由を考えてみてください。もし、理由が1つだけなら一時の気の迷いかもしれませんが、2つ3つと理由が重なると、「お給料のうち」と見過ごすわけにはいきません。むしろ、嫌なことが重なっている時こそ転職を考える時期なのです。

そもそも転職活動を実行に移すには、かなりのエネルギーが必要になります。まずは求人情報をチェックして、自分の適性や給与などを考慮に入れて探さなければなりません。もしかしたら、この段階で「今の仕事のほうがお給料もいいし、嫌な部分は我慢するか」と思い直すこともあるでしょう。それに、運良く希望する職種や待遇の良い会社が見つかったとしても、そこから面接に漕ぎつけるまでにも、エントリーシートを書いて提出したり、面接用の写真を撮影したりと雑事が待っています。現在の仕事を続けながら転職活動をする人は遅刻・早退の届出をし、その分の仕事の調整をするなど、こまごまとした段取りを立てなければなりません。

こうした面倒くさい諸々のことをすべてやってのけるためには、「今の会社が嫌!」という負のエネルギーが必要になります。より大きな負のエネルギーの源となるのが、「こんなことぐらいで」という不満の積み重ねなのです。もし、仕事を変わろうかどうか迷っている人がいたら、実際に仕事を変わるかどうかは別にして、ぜひ転職活動を始めてみてください。途中で面倒臭くならなければ、あなたが抱えている不満は「お給料のうち」と見過ごせない種類のものなのです。つまり、転職をするべき状況下にあなたはいるということなのです。

 

 
医師転職サイトランキング2017|転職エージェントおススメTOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です