転職して

私は大学病院の産科で3年間働いた後、自宅近くの産科クリニックに転職しました。大学病院の仕事以外の仕事(プライマリーとしての仕事や委員会・係の仕事やプライマリーの患者さん対応など)と医療安全・感染対策の集会出席が大変で、クリニックへの転職を決めました。クリニックに転職すると、確かに委員会や係、プライマリーもないので、仕事以外の仕事は少なくなったように感じますが、仕事の内容は休憩時間が取れないほど、毎日走りながら働いています。スタッフの人数も少ないので、早く独り立ちしなくてはいけないので、焦りもあります。毎回毎回先輩に聞くこともできない不安もあります。残業は、残業代を出さない病院の方針で、なんとしても時間内に終わるようにと教えられています。できる人ができることをという働くスタンスはとても良いと思いますが、大学病院のように呼んだらすぐDrが来てくれるという体制はないので、夜中でもDrがなかなか起きてくれなかったり、一人で対処しなくてはいけないことも多々あるので、緊張しながら仕事をしています。人間関係は、人数が少ない分コミュニケーションも多いですし、大学病院にいた怖い先輩風の方はいないので、先輩には基本的に声をかけやすいです。就職活動をする際には、ぜひインターンシップや看護体験など、1日潜入捜査を行ってみてください。病棟の雰囲気や師長さん主任さんの人柄や実績、Drとの関係性や病棟での業務内容など調べたいことは沢山あがりますが、ぜひ1日働いてみて決めてください。私は就職活動で大変だったことは特にありませんが、やはり面接は緊張しました。自分のアピールポイントを見つけ、特技や長所をぜひアピールしてください。病院・クリニックの他にも、電話相談や・訪問・パソコンなどのデスクワーク・協会などの仕事など様々な仕事があるので、仕事内容をよく確認して自分にあった仕事が見つかるといいですね。一度転職したら、また転職となるとやはり大変なので、良い転職先が見つかることを祈っています。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です