ニキビケアに重要な洗顔方法について

ニキビケアとして洗顔方法も重要です。
ただ肌の汚れを落とすだけでなく、できるだけニキビに対して刺激を与えないようにすることが大切です。
洗顔料を使用する場合でも、刺激の少ないタイプの商品を使用することで、ニキビに対しての刺激を軽減し汚れや余分な皮脂などを適度に洗い流しましょう。

また、洗顔時には、あまり熱いお湯や冷たい水を使用せずにぬるま湯で洗顔をすることも大切です。
皮脂はお湯が熱い場合に洗い流すことはできますが、肌に必要な分の皮脂まで洗い流してしまう可能性があり、皮脂の落としすぎになる可能性があります。
皮脂は毛穴の詰まる原因となりますが肌を外部の刺激から守る役割もあります。肌の乾燥を防ぐためにも皮脂は必要なため、皮脂の落としすぎには注意が必要です。

逆に冷たい水の場合では、皮脂が落としきれないという可能性があります。
適度に余分な皮脂を落とすことで毛穴の詰まりを防ぐことになりニキビに対しての予防になりますが、冷たい水の場合には、きちんと皮脂を落としきれない可能性があるため、ぬるま湯で洗顔をすることが大切です。

適度に汚れや汗、皮脂を洗い流し、肌にもある程度の皮脂を残した状態というのが洗顔時には理想的といえるでしょう。
ニキビケアをするならば、ニキビに対して刺激をできるだけ与えずに肌の汚れを落としきれいな肌を保つことも重要です。

洗顔後は、肌についている水滴を拭き取る必要があります。
この時も肌に対して刺激や負担とならないように、やわらかいタオルを使用するといいでしょう。
水滴を拭き取る際も強い力でこすらずに肌にタオルを軽く押し当てるようにして、摩擦による刺激を軽減することも大切です。

洗顔後は、肌の保湿をしていく必要があります。
化粧品に関しても肌に対して刺激の少ないタイプで保湿をしましょう。
肌の乾燥を防ぎ潤いと保湿をしていくことで、肌の状態をいい状態に保ち、ニキビケアをしていくことが大切です。

背中ニキビに効くクリーム|失敗しない3つの選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です