妊娠中に困ったことと、お勧めの過ごし方

私は3人の子供がいます。その3回ともつわりが大変きつくて困りました。

私の場合は、つわりが始まり出すと水以外は受け付けませんでした。普段は、大好きな麦茶や紅茶が全くダメでした。特に、長男の時は自分の唾液を飲み込むことも辛かったです。ですから、ティッシュにいつも唾液を捨てていました。

普通では考えられない体の、変化だと思います。また、少し食べるだけで吐き気がしました。ですので、なかなか食べられるものも限られていました。シャーベットが唯一食べられるものでした。夏場には、シャーベットばかり食べていました。食べないと唾液がたまり、気持ちが悪く悪循環でした。

次男の時は、大変脚が浮腫む現象がおこりました。特に、食事にもきをつけましたが臨月にはパンパンになっていました。こんな感じで同じ妊娠でも、全く違う体調の変化が表れました。中でも、ウォーキングをしていましたが脚が浮腫むので体が辛かった感じがしていました。

次男の時には、便秘もひどく薬を使っていました。普段は、快便なので辛くて辛くて一番印象に残っています。

長女の時の妊娠は、慣れているので大丈夫かと思っていましたがなかなか大変でした。まず、つわりが長男の時の次にきつくて、大変でした。桜が咲く季節につわりで、気分的にも落ち込みました。こんなにも、つわりが大変なのかと悩みました。

兄弟がいる時はつわりがやはり、大変なのかと実感しました。私の妊娠の時の体験は、以上です。

妊娠中におすすめの葉酸サプリ紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です