引越し時の挨拶について

不動産探し、引越しの手配や荷物の運搬など大仕事といったイメージの引越しです。それに加え、細かいことですが忘れられないのが、転居先への挨拶回りです。

過去数回の引越しを経験し、また知人から聞いた話を元に、挨拶回りについて書いてみようと思います。

マンションであれば上下階、両隣、建物の構造で向かいの部屋があれば向かいの部屋に挨拶が基本となると思います。また、管理人がいるような大きいマンションであれば、生活するにあたり、一番接することになるのはある意味管理人なので、可能であれば挨拶がてら簡単な菓子折りなどを渡すと印象が良いでしょう。

一戸建てであれば、やはり向こう三軒両隣、というのが基本で、守っておけば間違いはないと思われます。

挨拶に何を持っていくかですが、最近では洗濯洗剤などもメジャーとなりました。賃貸マンションなどであれば、ざっくばらんにそうついった消耗品もよいかもしれません。

ただし、最近ではあまり言われないとは言え、掃除に関するものは相手の家を綺麗にしろという解釈にもなり、年配者には好まれないという場合もあるようです。ゴミ袋などは賃貸であっても、印象を悪くする可能性があるので避けた方が無難です。

もし、一戸建てへ引越し、末永くお付き合いするようなお宅への挨拶は、デパートなどで箱入りのタオルなどを用意すると無難かもしれません。商品に迷ったらサービスカウンターや売り場の店員に聞けば、慣れているので適切な商品を選んでくれるでしょう。

最後に例外として、分譲マンションを新築で購入して一斉入居するような場合、管理組合などで挨拶回りは省略しようと決めてしまうこともあるそうです。マンションを購入した場合は、入居までに可能であれば同じマンションの入居者とどうするのか様子を伺うのもよいと思われます。

車査定 高額 コツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です